ネットビジネスが当たり前になる理由

ビジネス

ネットビジネスって怪しいと思いません?

ネットビジネスが怪しいと思っている方のイメージはこんな感じじゃないでしょうか?

  • マルチ商法じゃないの?
  • 稼げもしないのに稼げるとか言ってるやつじゃないの?
  • 何もしなくても1日5万円稼げるとか怪しすぎw

こんなイメージの場合は色んな話が混ざっているので少し整理させて下さい。

ネットビジネスにはいくつかの意味が含まれています。主に3つの意味が混同して使われています。

  1. マルチ商法(ネットワークビジネス)という意味のネットビジネス
  2. 努力しなくて稼げるといった詐欺行為に近い意味のネットビジネス
  3. ビジネスにインターネットを活用したという意味でのネットビジネス

この3つの意味がネットビジネスという言葉の中に含まれています。

僕が言おうとしているネットビジネスとは何か?

まず、ビジネスについて意味をはっきりさせておこうと思います。

いま、ビジネスとは

『価値提供したことの対価としてお金をもらう』

と定義します。

例をいくつか下にあげさせてもらいます。

  • バナナとお金を交換した
  • ラーメンを食べた。その対価としてお金を交換した
  • 髪を切りに行って、その技術料とお金を交換した
  • 水道から水を使用した、その使用料としてお金を支払った
  • 映画館に行って映画を見た、その施設利用料としてお金を支払った
  • ライブに行った、そのイベント料としてお金を支払った
  • 弁護士にトラブルの相談にいった、その相談料としてお金を支払った

これらが日常、社会で行われているビジネスです。

僕が話そうと思っているネットビジネスとは、ここに挙げたようなそのビジネスにインターネットを絡めているというだけの話です。

こう言えばネットビジネスが当たり前になるということに皆さん同意してくださるとおもいます。

ここからは少し踏み込んで、更に個人でインターネットを活用したビジネスが出来るようになってしっかり稼げるようになるというお話をさせて頂きます。

インターネットを絡めないとコストが大きくなる

インターネットを絡める事でビジネスのコストダウンをすることが可能です。例えば、電子書籍なんかもそうですよね。紙をデジタル化することでコスト削減になります。

アマゾンのなんかも店舗を持つ必要が無くなったので、ネット上だけで商品を見て販売、送付までしてくれます。

レンタルビデオも店舗必要ないですもんね。

ただ、これは大きなな組織ベースの話で、個人の話となるともっともっともっともっとあります。

個人レベルの話になると、ノウハウ提供になったり、転売だったり。

他にも有名なのはyoutuberですよね。あれはyoutubeの広告収入を利用したりする商売になってきます。

個人で出来るビジネスで例をあげるなら

  • 絵の描き方。
  • 英会話。
  • 挨拶の重要性講座。
  • ゲーミングマウスの使い方。
  • 動画編集の仕方。
  • 勉強の仕方。
  • DIYの始め方。
  • 机の作り方。
  • 椅子の作り方。
  • かんなの使い方。
  • 弁護士への相談の仕方。
  • 相続の仕方。
  • トラブルの解決方法。
  • 日常生活の送り方。

という感じです。人の困りごとの数だけビジネスができるので、上げればキリがありません。

インターネットがここまで普及するまで上記のような困りごとは身近な人から教えてもらうことしか出来ませんでした。

料理だって、自分の母親から習うとか、本を買って学ぶとかしか出来なかったわけですから。

本当に便利ですよね。

にしてもyoutuberとかブロガーとか毎日更新して大変だし、仕事と一緒じゃない?

要はインターネット上で行う仕事

youtubeにしてもブロガーにしても何もせずに稼ぐことは出来ません。

仕事と一緒なんです。

要はインターネット上で行う仕事なんですね。

なので、リアルな世界で働いてきたのが今度はネットの世界にも働ける場所が広がったということなんです。

単純に、選択肢が増えたということなんです。それだけ多様な職種を選べますし、本当に努力した分が返ってくるしくみです。

人間関係にも悩む必要がない

他にも人間関係に悩む必要もないですよね。

パワハラやモラハラなどが当たり前にいわれる時代です。部下を持つのも上司を持つのもいずれにしてもリスクが多い時代です。

働けば必ず部下が出来ます。部下が出来れば指導していかないといけません。

でも昔なら、部下に無理矢理にでも仕事につかせて、慣れさせて徐々に仕事が出来るようにすることも可能でした。

職人界隈では本気で『見て覚えろ』という感じですからね。

でも最近では仕事をお願いしても、

「その仕事は自分の仕事ではない」

という事が言える時代になってしまっています。

しかも、従業員として働いているうちは素直に仕事をしてくれていたのに、辞めた後に急にパワハラを受けたと言い出すスタッフまで出てきたりします。

そんな状態の現状で部下や上司をもって仕事をする事はストレスになることは間違いありません。

時間管理が出来る

ネットを使って仕事をしていると時間のコントロールが容易っていうのもあります。

自分で時間の管理が出来ます。ある意味自分で管理しないといけないので大変なこともあります。

ただ、ペットが病気になったとか、体調不良になってしまったり急な自体に対応できるというのはありがたいところですよね。

あと、就職活動もしなくていいですもんね。

就職活動のイベントって心をすり減らす活動ですよね。

他にも通勤する必要がなかったり、自分で仕事をするので休みを調整しやすかったり。パソコン一台で仕事も出来ますし、色んな面で自由になれますよね。

ここまで、色々と話してきましたが、要は何をいいたいかというとネットビジネスをやらないという手はないという事です。

これからどんどん増えて、ネットでビジネスをしてない方がおかしいぐらいになっていきますよ。

結局ブロガーやyoutuberになれって言ってるの?

いえ、僕はブロガーやyoutuberになって広告収入を稼ごうという話をしているわけではありません。

確かにこういったビジネスをすること自体否定しませんが、広告収入というビジネスモデルが結構厳しいと思います。

広告収入はあくまでyoutubeやgoogleというサービスの中で色々な人に見られるコンテンツを作ってそこに広告を貼っていく。

それによって、広告収入の一部をコンテンツ制作した人に提供するという仕組みです。

ですが、それってyoutubeやgoogleが広告料金の変更等、規約の変更をすることで稼げたり稼げなくなったりするわけで、youtubeやgoogleの意向に大きく左右されてしまうことになります。

それではビジネスとしてやっていく事に不安がありますよね。

でも、自分が出来る価値提供ってなにかあるかな?

現実世界のビジネスはコストがかかります。でも、インターネットを活用すると初期費用が少なくてすみます。この事は個人でもビジネスに参入できる事を意味しています。

後は何を提供するか?自分の何を提供すれば価値提供になるのか?というのは気になりますよね?

これに関してはたっぷり話し込まないといけません。

なので、まずはここで軽く話していきます。

実は自分の人生で体験したこと学んだことが全て価値になるんです。

例えば先程あげたDIYのやり方を教える動画が流行っていますよね。

これは、最初からDIYの専門家をやっていた人が動画をあげたわけではありません。

もしかしたら大工さんかもしれませんし、本当に昔でいう日曜大工をやっていた人がやり始めたのかもしれません。

ですが、実際動画を見てもらったらわかりますが、結構若い人が動画を公開しています。

という事は自分で学んで動画を公開している人がほとんどなんですね。

これが、がんばった分だけ成果が出るという点です。

そして作ったコンテンツは永遠に見られ続け自分の資産になるという事です。

あと、先程もお伝えしましたが、youtuberやブロガーなどは広告収入で稼いでいます。

広告収入のビジネスモデルっていうのは人気の出た一部の方が収益を出すことが出来るわけです。

ビジネスをするのなら、もっと確実に収入に繋げなければなりません。

それが、インターネット自体の発展で仕組みさえ作ればもっと堅実に、しっかりと稼ぐ事が出来るようになったんです。

これも、いろんな技術の組み合わせで出来るようになったわけなんです。

そんなこと出来るのかよ?と思われるかもしれませんが、正しい知識を学んで努力をすれば誰でも出来ることなんです。

視点が大事

ただ、今話した内容も視点の問題なんですね。

一つ一つの個別の話、例えばノウハウを提供するとか、youtuberが広告を活用したビジネスモデルだとか、こういう話は既に聞いたことがあると思います。

この、ネット上の知識をうまく組み合わせることが出来れば個人でもしっかり稼げる仕組みを作ることが出来るんです。

これが視点を変えるということなんですね。

どういうことか?

では、この動画をご覧ください。

The Immigrant

この動画はMichael Murphyという芸術家が作った作品です。

視点によって見えるものが変わってくるというものを見事に表現していると思います。

遠すぎてもダメだし、見る方向がズレてしまっても見えるものが全く変わってくるということです。

では、このアートをなんの説明もなく街にポツンとおいてあったとします。

このアートの意味を理解できる人はいるでしょうか?

おそらく、何名かの人が偶然「あっ!この位置から見ると人の顔になるぞ!!」と見つけることが出来るでしょう。

最初に見つけたその何名かの人が、『見ることができないと悩んでいる人』に直接教えることで初めてこのアートの理解が広まっていくんじゃないでしょうか。

これをネットとビジネスの世界に置き換えるとわかりやすいと思います。

独学ですると、知識は調べれば山ほど出てきます。全て調べ上げることが出来ます。ただ、全て調べ上げたとしても、無数に散らばった知識はうまくつなぎ合わせないと意味のある形にならず、ただ無数に知識が散らばった状態になってしまいます。

散らばった状態では先程のアート作品を街中にポツンと置いた状態と変わりありません。

でも、一度うまくまとめ上げた人に話を聞いて教わりながら、

「あ、この情報はこっちから見てみると意味がわかるよ。」

とか、

「この情報は今の段階では気にする必要がないよ」

とか、一つずつつなぎ合わせていくとはっきりとした形で見えるようになります。

ですが、闇雲に集めるだけでは見えるようにはなりません。

これが独学では難しいということなんですね。

これからもネットを活用したビジネスがどんどん広がっていきます。

皆さんの周りでネットを活用したビジネスを個人で始めている人はいますか?

あまりいないんじゃないでしょうか?

もう既にいるという方はちょっと遅いかもと感じているかもしれません。

だからこそ、今が始めどきだと思います。

かつて、ネットビジネスといえば怪しさ満点な世界でしたが、今は怪しさも薄れてきています。インターネットを活用したビジネスといえばもう当たり前のような世界にシフトしています。

そして、ビジネスにインターネットを活用するハードルもかなり低くなりました。ホームページもほぼ無料で作れます。リスクは無いに等しいです。

やるなら今がベストなタイミングだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました